<< 束の間の 恋をしてきた 招き猫 | main | 道真や 秀頼も見た 梅花祭 >>
たんじょうび おんなじだぞん 土龍さん

土龍(もぐら)さんはぼくの俳句の師匠である。この前電話がかかってきて「吉見さん誕生日2月8日?ぼくとおんなじじゃん」と言った。ぼくが9年先輩だった。

妻と買い物に行ってからXpa(という温泉)へ行った。きょうも昨日に続き強風だった。
ショッピング妻と来春の嵐かな
空中で悶える春嵐
腰痛を抑えて外へ春嵐
広告の旗はちぎれん春嵐
鳶二羽春の嵐に弄ばれ
宙(そら)に鳶悶える春の嵐かな
妻演ずマリリンモンロー春嵐
妻と来てバーゲン春の嵐かな


温泉に浸かりながら佐久島が見える。
松籟の下に流れる銀の海
佐久島や春の光の上にあり
橙の洋館春の光受け


露天風呂に浸かりながら句を読んだ。紙がないのでかけない。

一句読み 春の温泉 腹に書き
カテゴリ:- | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hagaki.tms21.jp/trackback/509260
トラックバック